規定があるが

外貌醜状交通事故でできてしまう外貌醜状は、どこにあるのかによって、判断に大きな差がついていきます。基本として外貌は首より上の部分を指しているため、頭部全体が対象になるといえるでしょう。このほかの場所として、腕のひじから先、足の膝から先も含まれてくることになります。仕事のないようによっては、他の場所も後遺障害認定を受けることができることもあるため、どこまで露出するのかも考えておかなければいけません。傷の大きさに乗って等級が変わってくることになりますが、上肢や下肢に関しては別の規定がある点には注意が必要です。

外貌醜状は、単に傷が残るというだけではなく、著しく醜い状態であることもポイントになってきます。以前は男女別で検討もされてきた部分ですが、現在では改正を受けて相違がナウなりました。明確な規定が決められている一方で、大きさに関しては基準が人それぞれ違います。明確なようではっきりしないところを持っているからこそ、弁護士のような専門家に相談しながら進めていくことが重要になってきます。

交通事故との因果関係もはっきりさせていかなければならず、医師の診断書の作成も必要です。急性期に作成してもらうことも必要となるため、相談をしておかなければなりません。

外貌醜状と後遺障害

交通事故後遺障害の外貌醜状認定は、非常に難しい部分を持っています。規定もはっきりしていますし、手続きも後遺障害認定と変わりません。ですが、書類をそろえたとしても、かなり難航するのが一般的です。

弁護士受傷時の診断書や後遺障害診断書、画像などを資料として自賠責調査事務所で審査がおこなわれることになりますが、面接もおこなわれることになります。形状だけではなく、色の確認もおこなわれ、人目につくのかどうかといった主観的な測定もおこなわれるところが問題となるでしょう。仮に、規定ぎりぎりの大きさだったとして、1mmの計測誤差が発生したとします。これだけでも後遺障害の認定が行われないことも出てくることを考えれば、いかに難しい部分を持っているのかとなるでしょう。大きな不利益が発生してしまうことにもなるため、弁護士を同伴していくことも必要です。

外貌醜状が、労働能力の低下になるかどうかも大きな影響を与えます。当然運動能力に影響する傷になっていれば、後遺障害認定に問題が出ることはありません。接客業や営業職などは、影響することになるでしょう。それでも、他の後遺障害と比べて、客観的判断が難しいことが出てくるため、トラブルにならないように弁護士などと相談が必要です。


コメントは受け付けていません。